ハイパーナイフとフィジーク

最近、#ハイパーナイフ と検索していると、ボディビルダーのような人の写真が増えてきています。

じつはこれ、フィジーク選手たちの間でハイパーナイフが話題になってきているからなんです。

 

フィジークって?

フィジークという競技は、ボディビルと同じく筋肉を評価対象にする競技です。

しかし、必ずしも筋骨隆々であることが評価される競技ではありません。

形が良くバランスのいい筋肉に加え、ステージ上での立ち居振舞い、サーフパンツのデザインやカラー、はたまた肌の色艶、髪型に顔など、それらのトータルパッケージで評価される競技、それがフィジークなのです!

左がボディビル、右がフィジークの理想体型。フィジークの方が全体的に細身なのがわかります

ハイパーナイフとフィジーク

ハイパーナイフは、運動や食事制限ではなかなか落とせないセルライトや皮下脂肪を高周波で温めて分解していきます。

また、気になる部分をピンポイントに施術できるので、フィジーク選手にとって理想の施術なのです。

田村宜丈氏も愛用

メンズフィジークアスリートの田村宜丈氏もハイパーナイフを愛用しています。

2017全日本メンズフィジーク優勝
2017アジア選手権優勝
2017世界選手権7位

インスタグラム→https://www.instagram.com/yoshi.tamura/?hl=ja

フィジーク選手に向けたオリジナルのハイパーナイフ施術も開発していただいており、おかけ様で理想のV字シェイプづくりをサポートさせていただいています。

ぜひ、ハイパーナイフで理想のボディを手に入れてみませんか?

※女性選手・ビキニ選手にもおすすめです。

【PR】

セルフケアでカット出しをするのであれば家庭用マシン『キャビスパ』がおすすめです。

ハイパーナイフの高周波(RF)に加え、キャビテーション、EMSも同時に使えます。

日々のメンテナンスや、大会前の調整にも最適です。

【公式通販サイト】RFボーテ キャビスパ

スポンサーリンク