ハイパーナイフの副作用

株式会社ワムの『ハイパーナイフ』は、基本的に血流促進と代謝UPを図るマシンですので、副作用と呼べるような副作用はこれといってありません。

 

また、ハイパーナイフで使用される「高周波」は、がん治療、アンチエイジング、メタボリックシンドローム、その他生活習慣病の予防などさまざまな医療分野でも積極的に活用されているものです。

結論として、身体へのリスクはほとんどありません。

 

これはハイパーナイフに限ったことではないのですが、セルライトを揉み解してマッサージしていくことで、内出血したり軽い痛みがあったり、照射後に赤みが数時間でたりする事は稀にあるようです。

好転反応

多少、肌がピンク色になったり、施術したところだけがポカポカと感じるのは副作用ではなく好転反応なので心配しなくて大丈夫です。

その他、持病や手術跡、怪我が原因でごく稀に火傷のケースもあるのですが、確率として0.1%以下のようです。

思わぬトラブルを防ぐためにも、禁忌事項をしっかり確認して受けてください。

念のため・・・

怪我や持病がある人は、あらかじめ医療機関に相談するようにしましょう。

また、ハイパーナイフのプローブには金属アレルギーを起こさないチタンを仕様しています。金属アレルギーの心配もありません。

 

スポンサーリンク