ハイパーナイフを受けて体調が悪くなった時の4つ対処法

水分を普段より多めにとる

ハイパーナイフを受けた後は、いつもより多くの毒素や老廃物が血液・リンパ中を流れています。

少しでも早く排出させるために水分を大目にとりましょう。

ただし、冷たいものは体を冷やし排出能力を低下させてしまうので、温かい飲み物を多く摂るようにしましょう。

湯船にゆっくりと浸かり排出を高める

湯船にゆっくりと浸かることも有効です。

発汗作用により毒素の排出を促進するのはもちろん、精神的にもゆっくりできるので個人的には一番おすすめです。

普段より少し多めに体を動かす

身体を動かすことも有効です。

全身を動かすことでめぐりをよくし、気分転換にもつながるので試してみてください。

ただし、体を動かすのも辛いほどの倦怠感が出た場合には無理はせずゆっくりと過ごすことを心がけましょう。

頭痛には蒸しタオルがおすすめ

ハイパーナイフを受けた後に、頭痛を発症することもあります。

頭痛がひどい場合にはタオルを濡らしたあと電子レンジで40秒程あたため、触れる程度に冷えたら後頭部にゆっくりとあててください。

冷えたらまた電子レンジであたためる。

これを3回〜5回程度繰り返すと痛みが和らぎます。

病院へ

ハイパーナイフを受けた後に体調を崩す例は少なくありませんが、基本的には好転反応なので、心配いりません。

また、好転反応は全員に起こるわけではありません。「好転反応がないから効果がない」というわけではないのでご注意を。

しかし、本記事で紹介した4つの対処をしても体調が回復しない場合は、念のため病院へ行きましょう。

 

スポンサーリンク