【要注意】ハイパーナイフを中古・譲渡で購入するデメリット

ハイパーナイフは業界内でもかなり有名なマシンなので「新品を安く買う」ことはできません。

なので安く購入するには「中古」または「譲渡」しかありません。

しかし、中古品を購入する(あるいは譲り受ける)のはデメリットしかありません!

中古品

中古業者やフリマアプリで出品されているものをチェックしていけば、状態によりますが100万円以下で買うこともできます。

ただし、中古品の場合はメーカーの保証がつかないので、故障や事故などの万が一のトラブルがあった際は全て自己責任になってしまいます。

また、商標権が販売メーカーの株式会社ワムさんにあります。商標権に関する説明は割愛しますが、簡単にいうと広告やホットペッパーなどで『ハイパーナイフ』と打ち出すことができません。

これは超大きなデメリット。ハイパーナイフで広告が出せない以上、集客効果は期待できません。導入しても、知る人ぞ知る「裏メニュー」になってしまいます。

ちなみに広告は消されておしまいです。

譲渡

知り合いから譲り受けるという方法です。あなたとの信頼関係の程度にもよりますが、中古業者から買うよりも安く購入できます。

場合によっては0円なんていうこともあります。

ところが!

こちらも中古品同様でメーカーからの保証はつきません。基本的に保証対象というのは譲渡元であるサロンさんになるものです。

トラブルがあって問い合わせても「登録がないので保証対象外です」と言われておしまいです。

また、モノを譲渡しただけでは商標権は移らないので、やはり広告で打ち出せません。

新品を買うのがおすすめ

ハイパーナイフに限らず、中古・譲渡でエステマシンを買うのはデメリットしかありません。

なんだかんだで新品を販売メーカーから買うのが一番です。

ハイパーナイフは、直々にメーカーの専門の研修なども受けられます。↓

支払い方法などを問い合わせてみたところ、うまく交渉すれば営業さんと初期費用0円の分割払いも可能だそうですよ。

業界内でNo.1の人気を誇る「ハイパーナイフ」ですから、期待値の高い「投資」になります。

>>詳細はこちら

 

スポンサーリンク